Advertisement
Advertisement

学会案内

園芸学会について

園芸学会は園芸に関する研究および技術の進歩を図るために1923 年(大正12 年)に創立され,春・秋2 回の大会を開催し,果樹,野菜,花き,利用の4 部会に分かれて研究発表を行っています.平成27 年1 月より一般社団法人園芸学会として新たなスタートを切りました.「The Horticulture Journal」(英文誌),「園芸学研究」(和文誌)ともに年4 回(1 月,4 月,7 月,10 月)が学会誌として発行されます.会員には,正会員(学生会員を含む),シニア会員,購読会員(団体および機関),賛助会員の区別があります.会費は前納制で,入金を確認次第当該年度の雑誌を送付いたします.また学会には各地域に支部(東北,北陸,東海,近畿,中四国,九州)があり,年1 回大会を開催するなど活発に活動しております.一般社団法人園芸学会に興味を持たれる多くの方の入会,参加をお待ちしております.

沿革

1923年(大正12年) 園芸学会創立
1925年(大正14年) 園芸学会雑誌創刊

1994年(平成6年)

京都で第24回国際園芸学会議が開催される

「Horticulture in Japan」・「日本の園芸」が出版される

1998年(平成10年)

園芸学会創立 75 周年記念式典・講演会が、東京新宿京王プラザホテルにて開催

「新園芸学全編 - 園芸学最近25年の歩み」刊行

1999年(平成11年)

園芸学会ホームページ公式に公開

2000年(平成12年)

園芸学関連文献データベース検索サービス開始

2001年(平成13年)

年間優秀論文賞の創設

2002年(平成14年)

「園芸学研究」の創刊

2004年(平成16年)

国立情報学研究所のNACSISにおいて、「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」のオンライン公開が始まる.
園芸学会ホームページの英文ページが公開される
園芸学会秋季大会(宇都宮大学)において、授乳室・保育室が開設される

2005年(平成17年)

園芸学会事務局が中西印刷株式会社内に移転

J-Stageにおいて「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」のオンライン公開が始まる.

NACSISはCiNiiに統合される

2006年(平成18年)

「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」の出版社を中西印刷株式会社に委託
J-Stageにおいて「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」の電子投稿が始まる.
園芸学会新ホームページ公開
2007年(平成19年) 園芸学会雑誌が完全英文誌化され,正式名称がJournal of the Japanese Society for Horticultural Science となる.
2015年(平成27年)

一般社団法人園芸学会に移行
英文誌の名称がJournal of the Japanese Society for Horticultural ScienceからThe Horticulture Journalに変更.

ページの先頭へ