Advertisement
Advertisement

支部

近畿支部

 
 
平成30年度園芸学会近畿支部大阪大会開催のお知らせ

◆平成30年度支部大会(大阪大会)のお知らせ

 本年度の支部大会は,9月 7 日(金)に大阪府堺市の大阪府立大学 中百舌鳥キャンパスにおいて開催します.また,「園芸における生産物と生産技術の輸出および輸入の現状と課題」と題して公開シンポジウムを行います.

 本大会では,研究発表(発表者は会員に限る)や懇親会(有料)も行われ,近畿地域の研究行政機関や栽培現場から一般の園芸愛好者までを含む広い範囲の園芸関係者が情報を交換する場を提供します.会員以外の方もお誘い合わせのうえ多数ご参加下さるようお願い申し上げます.

大会にご参加頂けなかった会員には要旨集を郵送します.

   なお,支部大会の研究発表プログラムは,園芸学会本会HP(http://www.jshs.jp/)中の支部会(近畿支部)に掲載いたします.

1.大会日程

  会場:大阪府立大学中百舌鳥キャンパスB3棟

  〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1

  日時:平成30年9月7日(金)

1)受付(B3棟 北エントランス)       10:00〜10:30

2)口頭発表(午前の部:117号室)            10:30〜11:45 

3)評議委員会(107号室)                    11:45〜12:45

4)ポスター発表(106号室)          12:45〜13:15    

5)口頭発表(午後の部:117号室)           13:15〜14:30

6)公開シンポジウム(117号室)       14:30〜16:00

 『園芸における生産物と生産技術の輸出および輸入の現状と課題』

7)近畿支部総会(117号室)         16:15〜16:45

8)懇親会                  17:00〜19:00     

 (府大生協 B15棟「シエル」 

 

2.研究発表プログラム

口 頭 発 表

園芸技術基礎関連(若手研究者賞コンペティション O-1〜O-6)

10:30〜11:45 (117号室)

座長 古川 一 (大阪府立大学院生命環境科学研究科) 

O-1  収穫および貯蔵条件の違いによるイチゴFra a 1の発現変化

       ○大河内駿二・石橋美咲・宇野雄一(神戸大院農学研究科)

O-2  イチゴFra a 1のジベレリン応答性の解析

     吉川博記・石橋美咲・宇野雄一(神戸大院農学研究科)

O-3  Capsicum属の種間交雑不親和性を引き起こすエピスタシス遺伝子の座乗染色体

       の特定

        ○梅林綾香1・白澤健太2・安井康夫1・山崎 彬1・細川宗孝3

 (1京都大院農学研究科・2かずさDNA研・3近畿大院農学研究科)

O-4  Brassica rapa L.における萎黄病・根こぶ病抵抗性DNAマーカー選抜系の応用

        ○宮路直実1・Hasan Mehraj1・清水元樹2・加治誠3・安田 (高崎) 剛志1

                  ・岡崎桂一4・藤本龍1

(1神戸大院農学研究科, 2岩手生工研, 3(株)渡辺採種場, 4新潟大院自然科学研究科)

O-5 トウガラシ(Capsicum chinense)の高温期における着果率に関わる遺伝子

         の探索

                         ○山崎 彬1・白澤健太2・細川宗孝1,3

1京都大院農学研究科,2かずさDNA研,3近畿大農学部)

 

13:15〜14:30 (117号室)

座長 橘田浩二(大阪環農水研) 

O-6   野菜植物工場におけるLEDs光源の効率的照射法の開発

                 伊賀 文香・金地 通生(神戸大院農学研究科)

O-7  播種時期がコオニタビラコの痩果の出芽率に及ぼす影響

                 佐野太郎・木矢博之・米田祥二(奈良農研セ)

O-8  早朝の自動換気が半促成ナス栽培における日焼け果の発生および収量に及ぼす影響

        (第2報)

                 アクリッシュ(金剛)穂波・瀬上修平・森川信也(大阪府環農水研)

O-9 ‘難波’ネギの抽だいを招かない播種時期

           山崎基嘉、瀬上修平、鈴木真実 (大阪環農水研)

O-10 水ストレスがミニトマトの食味成分含量におよぼす影響

     齋藤智子1・伊藤翔摩1古川 一2・和田光生2

1 大阪府大生命環境科学域, 2 大阪府大院生命環境科学研究科)

ポスター発表

 

ポスター会場 106号室 (発表時間 12:45〜13:15)

園芸技術基礎関連

P-1   無菌培養用植物除菌剤“sirViP G”の開発

         ○水田洋一(ヴィトロプランツ)

P-2   ニホンナシS3-RNase周辺領域のBACコンティグの拡張によるPpSFBB3の探索

        ○張競月・武矢悠太郎・藤本龍・安田(高崎)剛志(神戸大院農学研究科)

P-3  サイトカイニンにより雌性化したリュウキュウガネブ雄果実の形質

        ○北田 純・塩崎修志 (大阪府大院生命環境科学研究科)

P-4   人工光型植物工場における明期の気温がレタスの生育と成分含量に及ぼす影響

林伯諺・和田光生(大阪府大院生命環境科学研究科)

P-5   生育段階にともなうカリウム含量の経時変化から見た低カリウムタマネギの

    合理的分施方法の検討

岡田啓史・山本純之・林 孝洋(近畿大院農学研究科)

流通利用関連

P-6   青果物および花きの貯蔵に及ぼすミスト状水素水の効果に関する予備的研究

藤野直也・和田光生(大阪府大院生命環境科学研究科)

P-7   メロン‘肥後グリーン’果実の品質特性および貯蔵性について

遠藤春奈・今堀義洋(大阪府大院生命環境科学研究科)

 

3.公開シンポジウム 

テーマ 『園芸における生産物と生産技術の輸出および輸入の現状と課題』

司会進行 (大阪府立大学 今堀)

講演1 「農産物・食品の貿易に関わる技術的課題」       

                   佐藤 卓(米国農務省 海外農務局)

講演2 「アスパラガスにおける海外の生産現状と青果物輸入の現状と課題」

                    松永邦則(パイオニアエコサイエンス㈱園芸種子部)

講演3 「和歌山県における青果物輸出の現状と課題」

                    宮嵜 剛(和歌山県農林水産部食品流通課)

講演4 「掘りだそう、自然の力。~カルビー馬鈴薯事業への取り組み~」

            川崎 滋生(カルビー(株) 馬鈴薯対策室)

●シンポジウムは会員以外の方の参加も可能です。

●シンポジウムに関する質問などは以下のメールアドレスでお受けいたします.

  melon3carrot3@bioinfo.osakafu-u.ac.jp  生命環境科学研究科 古川 一

 

◆近畿支部会について

◆会費

会費: 個人会員   2,000円

賛助会員          10,000円

振込先: 口座番号  00910−4−35181

加入者名: 園芸学会近畿支部

 

◆平成 30年度の役員

支部長:今掘 義洋

評議員:上町達也・今村 昇(滋賀),伊達 修一・藤原敏郎(京都),

            小枝壮太・今川順一(奈良),塩崎修志・細見彰洋(大阪),

            文室 政彦・和中 学(和歌山),安田 剛志・竹川昌宏(兵庫)

監  査:竹川昌宏・細見彰洋

幹  事:下記

 

◆支部会に関するお問い合わせ

入会・名簿・会費関係全般  会計幹事 藤原敏郎 

京都府農林水産技術センター農林センター園芸

〒621-080京都府亀岡市余部町和久成 9

    Tel: 0771-22-6492

  e-mail:t-fujiwara45@pref.kyoto.lg.jp

             

大阪大会全般        集会幹事  塩崎修志 

大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 

〒599-8531 大阪府堺市中区学園町 1番 1 号

 Tel: 072-254-9417

 e-mail: ssgvo67@plant.osakafu-u.ac.jp

 

その他の庶務関係     

庶務幹事  古川 一  大阪府立大学大学院  生命環境科学研究科

〒599-8531堺市中区学園町1番 1 号

 Tel: 072-254-9422  080-6116-8098

 e-mail:melon3carrot3@bioinfo.osakafu-u.ac.jp

           

 

 

 

ページの先頭へ