Advertisement
Advertisement

支部

近畿支部

【企業・業界説明会】
 

日時:201996日(金)13:1517:30
   201997日(土)9:0016:00
場所:近畿大学奈良キャンパス(101教室、203教室、305教室)
内容:業界の現状と展望、求める人材像、業務や職種紹介等
参加企業・法人:企業展示に出展する企業、賛助会員、大会校が声掛けした企業のうち、
先着13社程度(参加企業・法人の詳細は、学会HPで随時お知らせします)

<ショートプレゼンテーション>
201996日(金)13:1517:30
101教室において、参加企業・法人が20分間のショートプレゼンテーションを行います。

<企業・業界説明>
201996日(金)13:1517:307日(土)9:0016:00
企業展示ブース(203教室)および企業説明ブース(305教室)において、参加企業・法人と自由に質疑応答ができます。

本大会の参加者は事前申込み等の手続きが必要なく、どなたでも参加できます。奮ってご参加下さい。

問合せは、大会運営委員会(jsb136@nara.kindai.ac.jp)までお願いします。

 
令和元年度園芸学会近畿支部会奈良大会開催のお知らせ

◆令和元年度支部大会(奈良大会)のお知らせ

 本年度の支部大会は,8月30日(金)に奈良県の奈良県文化会館において開催します.また,「近畿発の野菜・花・果物の新品種」と題して公開シンポジウムを行います.大会の詳細につきましては,同封の大会案内をご覧下さい.

 本大会では,研究発表(発表者は会員に限る)や懇親会(有料)も行われ,近畿地域の研究行政機関や栽培現場から一般の園芸愛好者までを含む広い範囲の園芸関係者が情報を交換する場を提供します.会員以外の方もお誘い合わせのうえ多数ご参加下さるようお願い申し上げます.

大会にご参加頂けなかった会員には要旨集を郵送します.

   なお,支部大会の研究発表プログラムは,園芸学会本会HP(http://www.jshs.jp/)中の支部会(近畿支部)に掲載いたします.

 令和元年度園芸学会近畿支部奈良大会開催のお知らせ

園芸学会近畿支部奈良大会を下記の要領で開催しますので、ご案内いたします。本大会が園芸研究の発展に意義ある場となりますよう、皆様には多数のご参加をお願い申し上げます。

1. 日時および会場

日時令和元年830日(金)10:3017:00

会場奈良県文化会館(奈良県奈良市登大路町62

会場へのアクセス

近鉄奈良駅から:東改札口より、1 番出口を出てそのまま東へ 徒歩約5

                       (奈良県庁の手前、西隣です)

JR 奈良駅から:東出口 バスターミナルから 奈良交通 2 系統 市内循環

                          バス(外まわり)に乗車し10 分 「県庁前」バス停

                          下車 西へ 徒歩約2

2.日程

10:0010:30 受付 (2階 小ホール前)

10:3012:00 口頭発表 (1階 第1会議室 、第2会議室)

12:0013:00 昼食 (会場1階で弁当をご購入頂けます)

評議委員会 (1階 第3会議室)

13:0016:00 公開シンポジウム (2階 小ホール)

テーマ『近畿発の野菜・花・果物の新品種』

司会進行 浅尾浩史(奈良県農業研究開発センター)

講演1「京都府の黒大豆エダマメ品種育成について(仮)」

三村裕(京都府農林水産技術センター)

講演2「和歌山県でのエンドウの品種育成について(仮)」

田中寿弥(和歌山県農業試験場暖地園芸センター)

講演3「(株)華金剛の育種事業への取り組み」

辻由佳((株)華金剛、奈良県御所市)

講演4「和歌山県におけるスターチス・シヌアータの育種について」

岡本崇(和歌山県農業試験場暖地園芸センター)

講演5「兵庫県育成のイチゴ兵庫I-3兵庫I-4(仮)」

山本晃一(兵庫県立農林水産技術総合センター)

講演6「奈良県育成のイチゴの新品種(仮)」

東井君枝(奈良県農林部マーケティング課)

講演7「自然受粉によるマンゴー新品種の育成とSSRマーカーによる花粉親の推定」

文室政彦(近畿大学附属農場)

講演8なしおとめ(但馬1号)育成の狙いと品種の特徴」

松浦克彦(兵庫県立農林水産技術総合センター)

講演9「ブドウ新品種ポンタの特性」

三輪由佳(大阪府立環境農林水産総合研究所)

講演10 「和歌山県でのうめの品種育成について(仮)」

沼口孝司(和歌山県果樹試験場うめ研究所)

 *シンポジウムは会員以外の方の参加も可能です。

16:1016:40 近畿支部総会 (2階 小ホール)

17:0019:00 懇親会 (1階 第3会議室)

3. 参加申し込み

大会の参加費は無料で、当日参加も可能です。ただし、準備の都合上、下記の様式で8 2 日(金)までに、e -mail で申込みをお願いします。なお、懇親会費(5 ,000 円)は当日受付でお支払い下さい。

 

令和元年度園芸学会近畿支部奈良大会参加申込書

氏 名:

所 属または住所:

電話番号:

メールアドレス:

懇親会: ( 参 加 ・ 不参加 )

 

4発表等について

1)代表発表者(口頭発表における演者)または筆頭者は発表要旨を締め切り期

     限までにe -mail の添付ファイル(Microsoft Office Word 2007以降の

     バージョンで作成したもの)で送信して下さい(注1)。

発表形式は口頭発表のみとなります。

2)発表は原則として本会会員に限ります。ただし、代表発表者と筆頭者以外

    には非会員を含めることができます。申込時点で非会員の代表発表者と筆

    頭者は、大会当日に新規入会して下さい。

31 人につき、複数課題を発表することができます。

4)口頭発表では、液晶プロジェクターを使用します(2)Microsoft Office

     PowerPoint 2007 以降のバージョンで作成したファイルをUSB メモリー

     に保存して持参して下さい。発表は12 分で、発表ごとに3 分の討論時間

     を設けます。

5)若手研究者賞コンペティションを行います。年齢30 歳以下の発表者が有

     資格者です。評議委員会で優秀発表者を決定し、賞状ならびに図書カード

     を贈呈します。有資格者への発表奨励をお願いします。なお、対象発表数

     が少ない場合は実施しないこともありますので、予めご了承下さい。

 (注1)発表要旨原稿を電子メールで送信される際、件名は「発表要旨:発

  表者名○○○○」として下

さい。原稿受理の確認メールを返信します。受理確認メールが届かない場

合はご連絡下さい。

(注2)液晶プロジェクターによる発表に際しては、別記の研究発表形式の

  注意事項を守って下さい。

 

 

締め切り: 7 月29 日(月) 必着      

 

5. 連絡先

 大会に関するお問い合わせ・参加申込み・要旨送付などすべての用件の連絡は下記集会幹事宛にお願いいたします。

631-8505 奈良県奈良市中町3327-204

近畿大学 農学部 園芸植物学研究室

令和元年度園芸学会近畿支部奈良大会事務局

小枝 壮太 宛

TEL0742-43-3703

E-mail818sota@nara.kindai.ac.jp

 

研究発表形式

1.各講演会場には、ノートパソコン1 台を準備します。

2.演者は空のUSB フラッシュメモリにプレゼンテーションファイルを保存

     し、持参して下さい。(プレゼンテーションファイル以外のファイル、

     フォルダー等は入れないで下さい。

3.発表では、プレゼンテーションファイルをUSB フラッシュメモリから直接

     開きます(USB2.0 ポートを使用)。会場のノートパソコンにはファイル

     をコピーしないで下さい。

4.個人のパソコンやCD-R SD カードなど、他の記憶媒体からの発表はで

     きません。

5.発表中のノートパソコンの操作と進行は演者あるいは共同研究者が行って

     下さい。

6.会場設置のノートパソコンはWindows 機種を用い、プレゼンテーション

     ソフトはMicrosoft power point(PPT)を使用します。

7USB フラッシュメモリのフォーマットはNTFS またはFAT32 で行って下

     さい。

8.演者は当日の1 0001030 に会場内のパソコンで動作確認ができま

     す。PPT で使用するフォントは、原則としてMS 明朝、MS ゴシック、

     ArialCenturyTimes New Roman などの標準フォントを使用して下        さい。

9.会場設置のノートパソコンにウイルスを感染させないように、演者はあら

     かじめウイルス/チェックを行ったUSB フラッシュメモリを持参して下さ

     い。

 

発表要旨記載要領

1. ファイル形式はMS-WORD ファイルとする。

2. 原稿はA4 版(縦置き)半ページ横書きとし、上30mm、左右20mm

      マージンをとり、文字は明朝体(和文)9ポイント、1行46 字(全角)

      ×23 行以内に納める。

3. タイトルは6文字目(全角)から書き始める。

4. 本文は1行空けて、次の行の2文字目(全角)から書き始める。

5. 課題番号やページ番号は書かない。

6. 発表区分は次の通りとして、要旨右上に14 の区分番号を記入する。

     発表区分は1 行にカウントしない。

(1)園芸技術基礎 (生理、成分分析、育種、バイテク等)

(2)園芸技術の応用・普及 (営農、普及、応用、防除、新品種等)

(3)流通利用 (青果物の流通、貯蔵、マーケティング等)

(4)生活文化、教育 (園芸文化、アメニティー、園芸療法、園芸教育等)

7. 若手研究者賞コンペティションの対象となる発表者は、発表区分に

    「若手」と記入する。

8. 代表発表者の氏名の左肩に上付きの印を記入する。

9.所属は略称とし、共同研究で所属が異なる場合は上付きの1,2,

    3,・・で分ける。

10.共同研究者が少ない場合には所属を氏名に続け、多い場合には改行の上

       所属を記入。

11.発表要旨は訂正・加筆せずに園芸学研究(別冊)に転載する(転載を希

       望しない場合は発表区分のところに「掲載不可」と記入する)。

12.その他は園芸学会本大会発表原稿の執筆要領を参考にする。

 

発表要旨の例

発表区分: 1 若手 掲載不可

□□□□□タイトル・・・・・・

園芸太郎1・園芸花子2・園芸次郎3・・・・・

1〇〇農技セ, 2〇〇県財政課, 3〇〇県〇〇学部, ・・・・)

【1行空ける】

目的

材料および方法

結果および考察

【タイトルを含め23 行以内とする】

◆近畿支部会について

◆会費

会費: 個人会員   2,000円

賛助会員          10,000円

振込先: 口座番号  00910−4−35181

加入者名: 園芸学会近畿支部

 

◆令和元年度の役員

支部長:今堀 義洋

評議員:上町達也・今村 昇(滋賀),伊達 修一・松本 静治(京都)

      小枝壮太・西本登志(奈良)塩崎修志鈴木敏征(大阪)

            文室 政彦・和中 学(和歌山)金地通生山本晃一(兵庫)

  査:山本晃一鈴木敏征

 

◆支部会に関するお問い合わせ

入会・名簿・会費関係全般 会計幹事 松本 静治 

京都府農林水産技術センター 農林センター園芸部

621-0806 京都府亀岡市余部町和久成9

Tel: 0771-22-0424

e-mail: s-matsumoto29@pref.kyoto.lg.jp

 

奈良大会全般          集会幹事 小枝壮太 

近畿大学 農学部 園芸植物学研究室

631-8505 奈良県奈良市中町3327-204

Tel: 0742-43-3703

e-mail: 818sota@nara.kindai.ac.jp

 

その他の庶務関係      庶務幹事  古川 一  

大阪府立大学 生命環境科学域 植物育種繁殖学研究室

599-8231堺市中区学園町 1-1

Tel 072-254-9422  080-6116-8098

e-mailmelon3carrot3@bioinfo.osakafu-u.ac.jp

 

ページの先頭へ